読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウトの秋元真夏さん応援ブログ。

2017年1/2開設。乃木坂46の秋元真夏さんをひっそりと応援させてもらっています。ひっそりとですが真剣に。よろしくお願いします。

4/23

みなさんこんばんは。

 

 

 

 

握手会帰りの高速バスでクソほど時間持て余してるのでチャッチャッとブログ書いちゃいましょ。

では。

 

 

f:id:Manatsu_Zukkyun:20170423191649j:image

 かわE~ かわE~

 

 

 

 

今日はパシフィコ横浜にて17thの個別握手会。

推しメンに会うのは大阪全握以来なので2週間ぶり。

ただ個別握手会は3/4以来なので1ヵ月も間が空いてました。

 

 

1ヵ月以上も間が空くとまぁ個別の時間感覚も忘れるもので、さらに今日は握手券が1枚しかないので絶対失敗出来ないし…と、並々ならぬ気合いと緊張が入り交じり吐きそうになりながらレーンで死にかけてました。。。

 

 

で、いざ握手。

目合った瞬間の真夏さんの笑顔で緊張も疲れも何もかもふきとびます。

この時点で握手券1枚で遠征してきた価値あり。

推しメンの笑顔は何にも変えられんよな~。生きる糧や。。。()()()

 

 

そしてなんと今日は言葉に詰まることなく、頭の中でまとめてたことを「早口にならずに」上手く伝えられました。

いつもならどれだけ気をつけてても1日のうち1回は言葉に詰まるか噛むか早口になりすぎるか(特にこれ)のどれかをやらかして握手後レーンの後ろで頭抱えてたので、今日の1回にそれが出なくて😔😔😔

 

 

肝心の話の内容は僕と推しメンとの秘密。()

秘密にするような内容でもないんですが、、、

何なら誰でも話してるようなそれです。

 

 

(ここまで書いて寝ました…何やねん……)

 

 

おはようございます。

何はともあれ昨日の握手会も最高に楽Cでございました。

次に会えるのは名古屋の全握でしょうか?ですね。

 

 

最近は2週間に1度の程よいペース()で推しメンとお顔合わせ出来ているので、とてもありがたい。

おかげさまで毎日元気に過ごせます。

 

 

 

 

こんなところに書くことでもないんですが、いつも本当にありがとう。

 

 

 

 

 

f:id:Manatsu_Zukkyun:20170424182450j:image

 

 

昨日のモバメで真夏さんが「握手会の9割が 釣ってください! だから、色々悩んじゃった」とメールをくれました。

常にファンの方のことを考えて握手会に望む真夏さんならではの悩みなのかな。

 

 

真夏さんに1度は釣られてみたいのも分かりますし、話すこと無かったらとりあえず釣ってもらおう!みたいなノリで気軽に注文しちゃうのも分かりますし、事実自分もそれでヒョイッと釣られて秋元真夏レーンの人となったわけだし。

 

 

でもいつだって全力を返そうとする真夏さんにとっては「釣ってください!」だけじゃ「何を求めてるんだろう…」ってなっちゃうのかも。

いつだって100%……いやそれ以上のものを返そうと全力だからね。

 

 

そこで例えば「ズッキュンください」とか「名前呼んでください」とか、何か具体的に注文をだしてあげればね。

そうすれば自分も欲しかったものが貰えるし、真夏さんも目の前のファンに全力で返せるし。

Win-Winやん!

これ、よくない?(まぁ、それはそう)

 

 

あとは色々真夏さんからいただいたあとは「最高!」とか、「ありがとう!」とか、「釣られた!」とか、何か反応をしてあげるとなお良しかも。

心の中では誰しも\最高~/となるに決まってるんですけど、実際に伝えてあげるのが大切だと思うし、握手会ってそういう場でしょう。

 

 

だって、その一言で真夏さんがめちゃくちゃ喜んでくれるかもしれないのに伝えないって、勿体なくない?

 

 

握手会がファンもアイドルも楽しめるイベントであるといいですね。

 

 

 

と、どう考えてもただ1人の秋元真夏のヲタクにすぎないこの僕が書く事では無かった感が否めませんが、推しメンが悩んでるのにいてもたってもいられなくなり、悩んで悩んだ末、この自己満ブログに書きました。

 

 

このブログを見てくれた方、ぜひ秋元真夏レーンへ行きましょう。(誘導)

 

 

 

 それでは本日はこのへんで。

 ブログアクセス数が伸びるのを見て「ウヘヘ」となってます。

どんどんアクセスしてください。(クズ)

 

 f:id:Manatsu_Zukkyun:20170424231850j:image

 

 

明日の予定。絶望。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウト